催眠奴隷~迫りくる義父の淫謀 無料あらすじネタバレ感想

2019年6月12日

「催眠奴隷~迫りくる義父の淫謀」の無料試し読みはコチラ

 

あらすじ

「嫌だって思ってるのに体の自由がきかないッ 私どうなっちゃったのォ」

 

娘の愛美に彼氏を紹介された義父は、血のつながりがないとはいえ小さいころから手塩にかけて育ててきた娘を奪われたことに憤慨する。

 

その日、義父は愛美の部屋に入り、引いてる娘の前でペンライトを取り出して、「服を脱げ」と命令する。

すると愛美は自分の意思とは関係なく体が勝手に動き、上着を、ブラジャーを脱ぎ始めた。

鬼畜な義父によって催眠術をかけられてしまった愛美は、言われるがままオ○ニーをし、感じている体を義父に弄られていく。

 

「イヤなのに…逆らえない…っ」

 

愛美は義父のチ○ポを自らしゃぶらされ、さらには挿入、中出しまで…!

 

 

そこへ愛美の母親が入ってきて…!?

 

 

 

「催眠奴隷~迫りくる義父の淫謀」の無料試し読みはコチラ

 

 

ネタバレ感想

2巻で母親が快楽に溺れているのを見て愛美のアソコが疼いてしまったり、親子3人で絡み合ってエッチするのもすごく興奮しましたが、それ以上によかったのが4巻5巻の内容!!

 

愛美の目の前で友達の紗絢彼氏にセックスさせる義父の鬼畜さがいい仕事してました。

最初は愛美に謝りながら催眠によってエッチしていた2人が、義父に止めてもいいと言われても
「イクまで止めちゃやだよぉ…もっと突き上げてぇッ」
と自分の意志でつづける快楽の虜になったり、

愛美もそんな2人を見ているうちに疼きを抑えられなくなり、素直になって義父に「チ○ポ入れてぇッ」と頼み込んだり、

最後には愛美と紗絢が舌や乳首をいやらしく絡ませ合いながらチ○ポで突かれて2人一緒にイク姿に

ヤバイくらい興奮して何回ヌいたかわかりません!!w

 

 

「催眠奴隷~迫りくる義父の淫謀」の無料試し読みはコチラ